日本身体障害者補助犬学会


日本身体障害者補助犬学会とは

世界初の補助犬に関する学術団体 日本身体障害者補助犬学会が発足

補助犬の学術的研究によって、身体障害者の自立と社会参加を推進します 補助犬の普及発展を願う学識経験者が集まり、日本身体障害者補助犬学会(理事長:竹前栄治(盲導犬使用者、東京経済大学名誉教授))を平成17年9月1日に設立いたしました。

身体障害者補助犬は視覚障害者、聴覚障害者、肢体不自由者にとって自立と社会参加のための有効な手段の1つです。

平成14年に身体障害者補助犬法が成立、施行され、補助犬の普及に対する取り組みも進んできてはいますが、効率的育成および社会的認知についての課題も存在するのが現状です。

補助犬の普及発展には、幅広い分野からの調査研究による学術的な取り組みが欠かすことができません。しかしながら、補助犬の先進国といわれる欧米諸国でも、学術的取り組みが多く存在するわけではなく、研究発表の場も十分とは言えません。そのような中、わが国の厚生労働省科学研究として医学・獣医学・法学・社会福祉学等の分野において補助犬に関する調査研究が行われてきたことは、誇らしいことだと考えられます。

そこで、さらなる補助犬分野の学術的発展を推進するために、補助犬法施行3年後の見直しの時期を迎える今年、補助犬の普及発展を願う学識経験者が集まり、世界初の学会を設立する運びとなりました。