演者へのお願いとお知らせ

  1. 発表時間7 分、討論3 分とします。
  2. 全ての口演発表は、PowerPoint によるパソコン発表のみとします。
  3. プレゼンテーションは、メディアを持込でいただき、発表は会場のパソコンをご使用ください。
    利用できるアプリケーション、メディアは以下をご確認ください。
    Windows
    メディアの持込 USBメモリー・CD-R
    アプリケーション PowerPoint 2003,2007,2010,2013
    動画ソフト Windows Media Player
    • Windows以外のPCでデータを作成される場合でも、上記形式にしたがって、Windowsで読み込める形式で保存してください。
    • 本学会は、PC プレゼンテーションのみの発表といたします。
    • 動画ファイルがある場合は、パソコン本体を、念のためお持ちいただく事をお勧めします。
  4. 当日29 日(日)午前9時15分~9時45分の間にロビーのPC デスクまでお越しいただき、メディアの 受付を行ってください。
  5. スライドの枚数制限はありませんが、7 分の発表時間に収まるよう調整ください。

データのみ持ちに関して

  1. CD-R にてデータを持ち込まれる場合、書き込みはハイブリッドフォーマットをお使いください。
  2. パケットライトなど特殊な機能は読み込み時の不具合の原因になりますのでご使用にならないでください。
  3. USBメモリーはFAT形式でフォーマットしてください
  4. OS とアプリケーションは以下のものをご用意します。
    • OS:Windows 7
    • アプリケーション:Windows 版PowerPoint 2003,2007,2010,2013
  5. フォントはOS(Windows 7)に標準のもののみ、ご用意いたします。
  6. 発表に使用するPC は全てXGA(1024 × 768)に統一してありますので、ご使用のPC の解像度をXGA に合わせてからレイアウトをご確認ください。
  7. 動画や音声をご使用になる場合は、データ登録の際に必ずお知らせください。
  8. ファイル名は「演題番号_ 演者名.ppt」もしくは「演題番号_ 演者名.pptx」としてください。
    (例:O-1_ 神戸一郎.ppt)
    (※「.ppt」、「.pptx」は拡張子(英数半角)です。)
  9. 動画などの参照ファイルがある場合は、全てのデータを同じフォルダに入れてください。
    動画ファイルの注意点
    Windows の場合Windows7(OS)及び WindowsMediaPlayer11 の初期状態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルをお持ちください。
    (動画ファイルはWMV形式を推奨します。)
  10. 発表データ作成後、作成したパソコン以外のパソコンで正常に動作するかチェックしてください。
  11. 発表会場ではデータの修正はできませんので、予めご了承ください。
  12. 発表時には、ご発表データの1 枚目をスライドショー状態でスクリーンに映写しますので、演台上のマウスで、ご自身でデータの送りの操作を行ってください。
  13. ご発表データは、会場のパソコンに一時保存いたしますが、これらのデータは本学会終了後、責任を持って廃棄します。

発表について

ご自身の発表の10 分前までに会場にお越しください。前演者登壇後、次演者席で待機してください。

個人情報保護法に関して

人情報保護法の方針に基づき、学術集会抄録集および発表等で使用されるスライド、PC プレゼンテーションにおいて、患者氏名およびイニシャル、ID(個人番号)、患者住所、他の情報と照合することで患者が特定される可能性がある他の情報(例: 診療科名、施設名および所在地、患者が特定される生検・剖検・画像情報等の番号、受診日・入院日・時間)の使用を禁止しております。個人が同定できる部分は削除ないしマスキングをお願いいたします。