開催概要

開催趣旨

日本身体障害者補助犬学会は、学際的な分野である補助犬の研究を促進するために関係者が一堂に会する機会を提供することを目的として設立されました。人間の医療と福祉、補助をする役割を負う犬という動物の健康、福祉、行動管理、そして社会の支援及び受け入れ体制等々と多分野にわたる専門家の知識、技術が必要とされる補助犬の世界の発展に寄与するべく活動の範囲をさらに広げていくことが本学会の使命であります。

テーマ

「補助犬の福祉を考える~幸せな使用者を支える幸せな犬たち~」

主催、後援等 (予定)

主催

日本身体障害者補助犬学会 第10回学術大会

後援

  • 厚生労働省、環境省、国土交通省、新潟県、長岡市
  • 国立大学法人新潟大学
  • 身体障害者補助犬を推進する議員の会
  • 公益社団法人日本獣医師会
  • 一般社団法人日本小動物獣医師会
  • 公益社団法人日本動物病院協会
  • 公益社団法人日本リハビリテーション医学会、公益社団法人日本看護協会
  • 公益社団法人日本理学療法士協会
  • 一般社団法人日本作業療法士協会
  • 一般社団法人日本義肢装具士協会
  • 一般社団法人日本車椅子シーティング協会
  • 一般社団法人日本リハビリテーション工学協会、公益社団法人新潟県獣医師会
  • 社会福祉法人長岡市社会福祉協議会
  • 中越動物愛護協会
  • 一般社団法人長岡市観光コンベンション協会

会期

平成29年10月28日(土)~29日(日)

会場及び所在地

市民向け公開講座

アオーレ長岡 市民ホールA及びホワイエ
(住所:新潟県長岡市大手通1丁目4番地10)

学術大会

アオーレ長岡 市民ホールA
(住所:新潟県長岡市大手通1丁目4番地10)

学術大会参加対象、人数

学術大会プログラム 300名
補助犬訓練事業者、認定法人、補助犬使用者、医療従事者、福祉関係者、獣医師、政関係者、教育関係者、その他市民向けプログラム(10月28日) 一般市民300名

参加費

学術大会プログラム

会員 5,000円(事前登録は4,000円)
学生会員 3,000円、(事前登録は2,000円)
一般 5,000円、一般学生:3,000円

市民向けプログラム

参加費 無料

プログラム委員

大会長 山﨑恵子
(一般社団法人日本聴導犬推進協会 副理事長
特定非営利活動法人日本補助犬情報センター 副理事長)
委員  吉田文
(大阪保健医療大学保健医療学部リハビリテーション学部
作業療法学専攻 教授)(作業療法士)
委員  野口裕美
(四条畷学園大学リハビリテーション学部作業療法学専攻 教授)
(理学療法士・作業療法士)
委員  長部善憲
(シートン動物病院長岡 獣医師 院長)
委員  坂田郁夫
(坂田動物病院 獣医師 院長)